calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

amazon

JUGEM PLUS

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.10.01 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    第16回目は佐野・足利ツーリング

    0

      JUGEMテーマ:趣味



       新年を迎え、通年ならば3月か4月にOLD BOYは再開されるのだが、あの年は2014年3月に自分の母が90歳で他界したため、マサさんとイシオサにお願し5月11日が初ツーリングとなった。行き先は佐野から足利である。
       カンセキ本社の砂利駐車場に午前9時15分に集合、天気は快晴だ。今回少しずつだが進化しているOLD BOY。この日も三人でお金を出しあってオークションで購入した自転車積載のためのリアキャリアが新登場。
       マサさんのフォレスター後部に装着して、バーの上に自転車を載せてベルトで留めればOK。これならば余裕でオンロードが3台は運べる。あれやこれやと試してみながらベストポジションを見つけて、本日のスタート地点道の駅どまんなかたぬまへと車を走らせた。
       午前10時10分に道の駅に到着、自転車を降ろし準備運動をし、まず目指すのは足利市の織姫神社だ。石段を上っていくと、そこには朱色に身を包んだとてもきれいな本殿が現れる。ここは縁結びの神をお祀りしている神社で、我々3人には全く関係ないのだが、健康も御縁ということでしっかりとお参り。
       また、ここから一望できる足利市の眺めがとてもいい。街並みとそこを通る電車と川と山が織りなす大自然との調和、「ああ、日本人でホント良かったな」って。おみくじ買って次に目指すは国宝にもなっている真言宗大日派の本山鑁阿寺だ。元々は足利氏の祖源義康が建てた館である。その後、子孫の足利尊氏が天下統一。こう思うと足利は由緒があって素晴らしい。
       鑁阿寺から相田みつおの生家などのある街並みを自転車で通り抜け足利学校へ。ここもまた日本最古の学校として大変有名な場所。中に入るにはお金がかかるためその手前でやめたが、いつ来ても藁ぶき屋根の佇まいはいい。自転車を置いた所で丸石エンペラーを発見。日本一周でもしているのかな、旅と言えばランドナーが似合う。これはいつのモノなのか、今では日本製がなくなり台湾製になっちまったが、モノづくり日本を誇る昭和人間としては、是非メイドインジャパン復活を望む。
       足利学校の外堀で記念撮影、このあとは今日の目的の一つ、ポテト入り焼きそばの店を探した。ほどなく『あしかが逸品堂』という店に到着。ここは、ちょっとした雑貨も扱う可愛らしいお店で、50代のオジサンたちを見てお店の方はどう思ったのか、今や知る由もない。
      佐野・足利はポテトフライやポテト入り焼きそばが有名なので、それに合わせて地場のソースもあって、次に向かったのは月星食品だった。
       しかし、到着はしたものの残念ながら日曜日は休みだった。う〜ん、商売っけがないな、土日は商売の書入れ時だよ。ソースを購入したかったに、3人の落胆ぶりは凄かった。銚子のヤマサ醤油工場でも感じたのだが、ヤマサ醤油は工場見学をしないと購入できないらしく、路面にアンテナショップがあるとばかりに出向いたのでがっかりした思い出がある。
       気を取り直して、向かうはスタート地点のどまんなかたぬま。街並みの風景を堪能しながら無事に到着、時間は15時30分。ここで一休止して各々ドリンクでエネルギーチャージ。午後4時50分カンセキの砂利駐に戻り終了となった。


      スポンサーサイト

      0
        • 2016.10.01 Saturday
        • -
        • 15:36
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする